京ことばが生まれたのはいつ?

庭

“京ことば”は京都に暮らす人々が昔から話してきたことばです。 京に都があった平安時代から明治維新の頃までは、京ことばが日本の標準語と言えるほど、みんなが使っていた共通語でした。現在の標準語となっている東京弁も含め全国のことばに影響を与えていて、もはや京都だけのものではなく、“方言”としては捉えられないと考えている人も多いほどです。しかし文化のみならず、ことばも時代の流れに合わせて変化していくものです。ですから平安時代の頃に使われていた“京ことばは”今現在ほとんど残っていません。現在“京ことば”と言われ、使われていることばは江戸後期~明治にかけてのものがほとんどだそうです。よく聴かれる「~どす」、「~はる」といった語尾の言い回しも幕末以降に生まれ広がったものだそうです。 そしてさらに今京都で暮らす若い人達のことばはどんどんと関西弁や標準語に寄っていきずいぶんと変わってしまっているようです。伝統的な“京ことば”を使っているのは高齢者層や花街の芸妓さん達ぐらいのもので、なんだか寂しく感じます。 今でこそ人々から注目を集めていますが、そこに暮らす人達も含め、ことばや文化、伝統をきちんと知って受け継いでいってほしいものです。

 
© Copyright 2016 京ことば百科 All Rights Reserved