京ことばってなんだろう?

石の階段

“京ことば”とは、京都の土地で話されていることばであるが、京都のことばと一口に言っても、その土地や文化に合わせてことばが作られ普及しているので、その文化の数だけことばがあり、それらが集まって成り立っています。 大きく分けると“御所(ごしょ)ことば”と“町方(まちかた)ことば”に分類できます。 御所ことばは御所で宮家や公家が用いていたことばで、町方ことばは一般の町の人々が話していたことばで、職業や地域の文化が反映されており、その特色からさらに細分化することができます。 ・中京(なかぎょう)ことば:室町の問屋など商家で使われることば (町方ことばの代表とも言われる) ・職人ことば:西陣の織屋関係のことば ・花街ことば:祇園など花街特有の文化や接客時に使われることば (舞妓や芸妓が使うことばで現在も使われています。例えば宴会などの座敷に上がることを「おはなにいく」などです。) ・農家ことば:八瀬、大原、上賀茂など農村部で使われることば ・伝統工芸語:京焼や京友禅をつくる職人達の間で使われることば など職業、用途に合わせてことばが発展してきた様が伺えます。これらが影響し混ざり合って京ことばが発展そして変化していきました。京ことばは京都の文化そのものを表しているとも言えるでしょう。

 
© Copyright 2016 京ことば百科 All Rights Reserved