大阪弁との違い | 京ことば百科

大阪弁との違い

関西弁というと真っ先に思い浮かぶのは大阪弁。というのが耐えられないぐらい嫌だという京都府民の方は多いのではないでしょうか。 京ことばはきれいでおしとやかなイメージがありますが、大阪弁は少し荒っぽいイメージがあり、一緒にされたくない!別物!と認識している人が多いからだと考えられます。 実際に、標準語:「京ことば」「大阪弁」で表してみると、 ・何言ってるの:「何言うてはんの」「何言ってんねん」 ・そんなこと言わないで:「そんなこと言わはらんといて」「そんなん言わんといて」 ・手つだおうか:「手つどうてあげよか」「手つだったろか」 ・するのや:「すんにゃ」「すんねや」 など、こうしてみるとやはり京ことばはやさしく丸めた雰囲気がありますね。 また、方言にしては珍しく“女言葉”に感じます。 大阪弁を含め、他の方言は荒々しいいわゆる“男言葉”に聞こえるものが多いですが、京ことばは花街で舞妓さんや芸妓さんに今でも使われているだけあって、しなやかな“女言葉”が特徴のひとつといえるでしょう。 その部分で共通している言葉があります。それは、標準語である“東京ことば”です。 人に話し掛けるときに男性が「ねぇねぇ」と言うのは、大阪出身の私からしたら少し違和感がありますが、東京や京都などでは一般的なのだろうと思います。 そこで京都と東京の共通点を考えてみると、日本の首都であった(ある)という点が浮かび上がります。どちらの都市も全国各地から人が集まってくるという状況の中、人と一定距離を保ちながらも良好な人間関係を築き、物事を前に進めていくには、乱暴に聞こえかねない言葉遣いよりも、物腰の柔らかい”女言葉“を選んで使うようになったのではないでしょうか。 商人の街だった大阪と、かつて都があり人の往来が多かった京都。 その土地土地で生きていく為の知恵や習慣が詰まった“方言”。奥深くて面白いですね。

 
© Copyright 2016 京ことば百科 All Rights Reserved